九州旅・九州各地の温泉・四季・町並・歴史

九州自動車歴史博物館の国産車

昭和の名車が展示されています

旧車1

スバル360

てんとう虫の愛称で愛された、スバル360などが展示されています。スバル360(Subaru 360 )は、富士重工業(スバル)が開発した軽自動車です。1958年から1970年まで述べ12年間に渡り、約39万2,000台が生産されました。以前、NHKのプロジェクトX第51回 「日本初のマイカー・てんとう虫 町を行く」の中で、スバル360の開発秘話が放送(2001年放送)されました。プロジェクトXは大好きな番組のひとつでしたが、その中でも特に印象的でした。

旧車2

旧車3

ダットサントラック 1950年

ダットサン(DATSUN)は、かつての日産自動車を代表する小型車レンジのブランド(商標)の1つです。「車といえばダットサン」と一世風靡した時代もありましたね。北九州市の戸畑鋳物株式会社が関わっていたのを知ったときは驚きました。企業にも車にも歴史ありですね。その後紆余曲折があり、1934年に自動車製造株式会社が日産自動車と改名しました。

旧車4

ダットサンセダン、ダットサンフェートン、日産オースチンなどが展示されています。

旧車4

ダットサン フェートン 1938

旧車5

トヨペットクラウン 1958年

トヨタS800、トヨタパブリカなどが展示されています。 パブリカは、トヨタ自動車がクラウン、コロナに続いて発売した乗用車です。パブリカの車名は一般公募(パブリックカー(大衆車)の意味)により決まりました。

旧車6

パブリカ

旧車7

ホンダS800

旧車8

旧車9

旧車10

旧車11

旧車11


ゆふいん一覧

  ゆふいん(自然・四季・風景・神社仏閣・祭・イベント)
  美術館  温泉・宿  喫茶・食事  お土産・店