九州旅・九州各地の温泉・四季・町並・歴史

湯平温泉

湯平温泉は、江戸時代より山峡の湯治場として栄えてきました。

湯の平温泉1

石畳の坂道

300年前に自然石を敷きつめてつくられた石畳の坂道の両脇に、温泉や旅館などが立ち並びます。

湯の平温泉2

銀の湯温泉

泉質:ナトリウムー塩化物・硫酸塩泉 ph9.1 源泉68度
足湯、飲泉場もあります。飲用適応症は、慢性消化器病、慢性便秘

湯の平温泉3

銀の湯は、昔は川の中にあり、銀粉のような白い結晶物が湯の中に混じっていたことから銀の湯と呼ばれるようになったそうです。

湯の平温泉4

山頭火の句碑

しぐるるや 人のなさけに 涙ぐむ
山頭火は、湯の平温泉が凄く気に入ったようで、「行乞記」の中にも「この温泉はほとうに気に入った、山もよく水もよい、湯は勿論よい、といふ訳で、よく飲んでよく食べてよく寝た、ほんとうによい一夜だった」と記しているほどです。

湯の平温泉5


ゆふいん一覧

  ゆふいん(自然・四季・風景・神社仏閣・祭・イベント)
  美術館  温泉・宿  喫茶・食事  お土産・店