九州旅・九州各地の温泉・四季・町並・歴史

由布院温泉神楽 雲取神楽座

由布院温泉では毎月一度、由布市の伝統芸能「神楽」の公演を行っています。
今回は、雲取神楽座でした。2015年4月11日撮影

雲取神楽座1

雲取神楽座

昭和2年に、庄内神楽の祖、高津神楽の佐藤菊太郎氏より伝授されました。

雲取神楽座2

戸開

古事記の「天岩戸」、日本書紀の「磐戸」を題材とした舞です。

雲取神楽座3

天照大神が、弟神素戔嗚尊の所業に激怒し、天の岩戸に隠れたことから世の中が暗闇になってしまいました。そこで、八百萬の神々が天安河原に集い打開策を協議した結果、手力雄命を岩戸の側に立たせ、天鈿女命が岩戸の前で覆槽を踏み響かせて神懸をしました。すると、その状さまを、天照大神が岩戸を細開きにして、覗き見した瞬間、手力雄命が岩戸を押し開け、天照大神を連れ出したという舞です。

雲取神楽4座

雲取神楽座5


ゆふいん一覧

  ゆふいん(自然・四季・風景・神社仏閣・祭・イベント)
  美術館  温泉・宿  喫茶・食事  お土産・店