九州旅・九州各地の温泉・四季・町並・歴史

宇奈岐日女神社の大杉と御神木の切り株

御神木の切株は、平成3年9月27日の台風19号により参道、社殿当に倒伏した杉、144本をやむなく伐採処理し、切株の大なるものをここに存置する。幹回り、右側9.0m、中央7.0m、左側7.5m。※樹高の最長は、55m、樹齢は最高600年と推定されるものあり。(現地案内板より)

御神木1

宇奈岐日女神社は、空に向かってすくすくと伸びた大杉に囲まれています。中には樹齢百年を超えるものもあるそうです。

御神2

以前は樹齢三百年を越える巨大な杉もあったのですが、樹齢百年を超える巨木のほとんどは、平成3年(1991年)の大型台風の被害で倒れてしまい、伐採されたそうです。今は、その時伐採された切り株が御神木として祀られています。

御神3


ゆふいん一覧

  ゆふいん(自然・四季・風景・神社仏閣・祭・イベント)
  美術館  温泉・宿  喫茶・食事  お土産・店