九州旅・九州各地の温泉・四季・町並・歴史

湯布院と由布院どちらも正しい

大分県由布市は、大分県のほぼ中央に位置し、北は宇佐市と別府市、南は竹田市、東は大分市、西は玖珠郡(玖珠町と九重町)に接しています。豊かな自然に恵まれ、温泉、様々なショップ、個性あふれるお宿などが沢山あり、人気の観光地でもあります。

由布岳と由布院駅前

JRゆふいん驛前の通りと由布岳

バスのりば

JRゆふいん驛前の通りにバスのりば(バスセンター)があります。こちらに大変興味深い文章が掲示されていました。

由布院と湯布院

湯布院と由布院どちらも正しい

1955年(昭和30年) 「由布院町」 = 盆地周辺と塚原地区と 「湯平村」と合併。二つの地域の絆を深めようと湯平村の「湯」を用いた湯布院町が誕生したのです。 そこから湯布院と由布院の混同、誤字ではないかと誤解を招くようになったが実はどちらも正しい正式名称は湯布院町で塚原から湯平を含めて町全体を総称する時に使う。

盆地周辺の局地を指す時には「由布院」を使う。 駅名は由布院駅 温泉も由布院温泉となる。 追記 2005年(平成十七年)10月1日、大分郡より由布市となる。(以上現地掲示文章より)

ゆふいん驛

JR由布院駅

湯布院と由布院の違いは、上記の通りだそうです。由布市は由布の字、湯布院町は湯布院の字、由布院温泉は由布院の字を使います。由布院と由布院の違い、その地の歴史や事情があるのですね。

下ん湯

下ん湯

由布岳と列車

由布岳と赤い列車


ゆふいん一覧

  ゆふいん(自然・四季・風景・神社仏閣・祭・イベント)
  美術館  温泉・宿  喫茶・食事  お土産・店