九州旅・九州各地の温泉・四季・町並・歴史

佐賀県護国神社

明治維新以降の国難に殉じた佐賀県関係の護国の英霊および第二次世界大戦後の殉職自衛官を祀っています。

佐賀県護国神社1

佐賀縣護國神社(佐賀県護国神社)
所在地:佐賀県佐賀市川原町8-15
明治維新以降の国難に殉じた佐賀県関係の護国の英霊および第二次世界大戦後の殉職自衛官を祀っています。

佐賀県護国神社2

明治3年(1870年年)に、佐賀藩主・鍋島直大が、戊辰戦争で戦死した藩士78柱を祀ったことに始まります。明治7年以降、佐賀の乱などの戦死者を合祀しました。当初は「招魂場」と称していましたが、明治8年に官祭招魂社となりました。
昭和14年、招魂社の制度改正により内務大臣指定の佐賀縣護國神社に改称しました。第二次世界大戦後は昭和22年より肥前神社と称していましたが、日本の主権回復後の昭和27年に元の佐賀縣護國神社に復しました。

佐賀県護国神社3

護国神社の御神橋

護国神社は北側と東側を多布施川、西側と南側も水路で画された中に境内が広がります。多布施川に面して石垣と玉垣が巡らされ、東側正面に石造眼鏡橋が架けられ、川へ降りる石段も設けられています。いずれも創建と同時に築造されたと考えられています。
眼鏡橋を渡った境内東側正面には創建と同時に築造されたと考えられている石鳥居が、南側には、昭和13年の刻銘のある石鳥居が建ち、数多くの石灯籠も境内に点在し、中には明治元年や明治3年の刻銘が残されています。
また、境内には樹齢約450年の大楠を含む20本余りの楠を見ることができます。これらが石橋や石垣、石鳥居や石灯籠など、各種石造物と一体をなして多布施川の水面に映え、佐賀市の重要な歴史的景観を形成しています。

佐賀県護国神社5

都市景観重要建築物等指定:平成19年度指定
指定番号14:護国神社境内の楠と石造物群
所在地:佐賀市川原町8-15
管理者:佐賀県護国神社 宮司 宮田 豊
【指定範囲】楠3本、石垣、石橋2基(北東、西)、石段、石鳥居2基(北東、南)、手水2個、記念碑1基、狛犬1対、石灯篭8対(現地案内板より)

佐賀県護国神社4

佐賀県護国神社6


佐賀一覧

  佐賀  唐津  武雄・嬉野  有田・伊万里
  鳥栖・三養基郡   多久・神崎  えびす