九州旅・九州各地の温泉・四季・町並・歴史

与賀神社

与賀神社は欽明天皇の代の創建と伝わる古社です。国指定の重要文化財の楼門や石橋などがあります。

与賀神社1

所在地:佐賀県佐賀市与賀町2-50
よかじんじゃで、「よか」と濁りません。佐賀や福岡などの方言で「よか」=「よい」という意味もあり縁起がいい名前の神社です。扁額には「與賀大明神」と記されていました。
欽明天皇25年(564年)に勅願造立されました。鎌倉時代は「与賀庄鎮守宮」で、建暦2年(1212年)に北条義時が社殿を再興しました。寛元3年(1245年)に、執権北条経時が勅により祭祀の礼式を定めたと伝えられています。
御祭神:主祭神:与止日女神
配祀神:八幡神・住吉神・乙宮神・印鑰神・応神天皇・菅原道真公
境内神社:稲荷神社、恵比須神社、少弐神社、天満神社、佐太、粟島神社

与賀神社2

国重要文化財の石橋反橋

石橋は、1608年建立。石造反橋で橋脚6基18本、高蘭付き擬宝珠10個がありました。擬宝珠に慶長11年(1606年)の銘があります。藩祖鍋島直茂公夫妻が建立したものです。

与賀神社3

与賀神社の肥前鳥居

国指定・三の鳥居および石橋は、四百年余前に藩祖鍋島直茂公夫妻建立。
三の鳥居の前には、「拝礼して通りましょう」と書かれています。国重要文化財の三の鳥居は、慶長8年(1603年)に建立されたものです。柱に慶長8年(1603年)の銘があります。三の鳥居は石造明神鳥居で、その形式、殊に笠木鼻の形に特有の様式が認められ、「肥前鳥居」の初期のものとして有名です。
四百年余前に藩祖鍋島直茂公が朝鮮出兵後、直茂公の無事の帰還を祝い寄進されたものです。鳥居をくぐると石橋があり、その先に丹塗りの楼門があります。さらにその奥に神殿があります。どっしりとした存在感がある石造りの肥前鳥居、室町時代に造られた丹塗りの楼門、美しい石橋と与賀神社は、見どころ満載です。

与賀神社5

常夜燈

与賀神社7

楼門

国指定・丹塗り楼門は、室町時代後期に、太宰小弐政資公の建立とされ、県内で最も古い木造建築物の一つです。楼門は、室町後期の建立です。大正2年に国宝に指定され、改めて昭和25年に国重要文化財に指定されました。佐賀県内で最も古い木造建築物です。楼門は総丹塗で正面三間、側面二間、屋根は入母屋造で当初柿葺で、その後世銅板葺屋根に改められ現在に至っています。その構造形式は室町時代の地方的風調があります。

与賀神社8

楼門

国指定・丹塗り楼門は、室町時代後期に、太宰小弐政資公の建立とされ、県内で最も古い木造建築物の一つです。

与賀神社9

楼門

与賀神社13

拝殿

与賀神社10

大楠と重要文化財のある千四百年の古社

與賀神社(よかじんじゃ)
御祭神:與止日女(よどひめ)神(豊玉姫命=神武天皇の御祖母)
豊玉姫は古事記に現れ、海神の娘で竜宮城の乙姫様です。
配祀神 六柱(八幡神、住吉神、応神天皇、菅原道真ほか)
御神徳:海の神、川の神、水の神として広く信仰され、安産育児・鎮護国家・交通安全・学問武道・殖産開運などに御神威あらたかです。
由緒:西暦564年勅願造立、鎌倉・室町時代は与賀御庄鎮守宮。
小弐・高木・龍造寺・鍋島氏の時代は与賀郷の宗廟として崇敬厚く、特に、鍋島氏は佐賀城の鎮守、産土(うぶすな)神社として尊信され、数多く寄進されました。
現在の御社殿は江戸中期、鍋島六代藩主の造立。
≪重要文化財・天然記念物≫
国指定・丹塗り楼門=室町時代後期に、太宰小弐政資公の建立とされ、県内で最も古い木造建築物の一つです。
国指定・三の鳥居および石橋=四百年余前に藩祖鍋島直茂公夫妻建立
国指定・太刀 一口=銘 康光、六百年前の作、與賀神社伝来の御神刀
市指定・與賀神社大明神縁起図=與賀神社御鎮座以来の縁起図(1678年)
県天然記念物:楠 一株=神殿の南側に位置し、推定樹齢千四百年余
祭日:例祭(おくんち)10/19、春祭(祈年祭)4/19、秋祭(新嘗祭)12/6、夏祭大祓 7/29 (現地案内板より)

与賀神社15

扁額

扁額には「與賀大明神」と記されています。

与賀神社18

与賀神社12

屋根

与賀神社16

屋根

与賀神社24

狛犬阿形

狛犬の阿型は右前足の下に玉を持っています。口が長方形に開いています。歯が見えます。

与賀神社25

狛犬吽形

吽型は、楠のすぐ下にいます。閉じた口からはと牙が見えています。

与賀神社26

石の馬も奉納されていました。石の馬は、下した前髪が揃っていました。檻の中に入っていました。

与賀神社27

与賀神社29

与賀神社の亀

手水舎の近くの台座の上に亀がいます。口の中にお金を咥えていました。目つきがちょっと怖いです。

与賀神社31

亀と手水舎

与賀神社32

歌碑

「青空を頤(あご)で しゃくって面浮立(めんぶりゅう)」冠人
田中冠人 名:誠一 毎時34年11月4日生 与賀神社氏子
佐賀同人俳句会主宰 弁護士元判事検事公証人 昭和57年3月傘寿記念建

与賀神社17

与賀神社33

与賀神社の境内には、太くて大きなクスノキが聳えていました。

与賀神社34

与賀神社の大楠

佐賀の名木・古木 登録番号:0127260
樹種:クスノキ  樹齢:1,400年
所有者または管理者:与賀神社
郷土の緑を保護しましょう。 佐賀県
与賀神社は欽明天皇の代の創建と伝わる古社です。
樹齢1400年と伝えられる大楠は県の天然記念物。
目通り周囲:9.77メートル(現地案内板より)

与賀神社35

与賀神社36

与賀神社37

クスノキ

与賀神社38

梅が咲いていました。

与賀神社41

紅梅

与賀神社40

白梅

与賀神社19

与賀神社20

楼門の随神

与賀神社21

楼門の随神

与賀神社22

楼門の随神

与賀神社23

楼門の随神


佐賀一覧

  佐賀  唐津  武雄・嬉野  有田・伊万里
  鳥栖・三養基郡   多久・神崎  えびす