九州旅・九州各地の温泉・四季・町並・歴史

松原神社の狛犬

松原神社の境内には、狛犬や白磁の鳥居や白磁の灯籠などがあります。

松原神社1

所在地:佐賀県佐賀市松原2丁目10-43
松原神社の境内には、狛犬が2対と石の馬がありました。

松原神社2

狛犬阿形

松原神社の拝殿に一番近いところにある狛犬です。花がデザインされているところが斬新ですね。

松原神社3

狛犬吽形

松原神社の境内にある古い狛犬。体や足にも花がデザインされています。

松原神社4

アームストロング砲

松原神社5

アームストロング砲

松原神社6

アームストロング砲

松原神社7

手水鉢

松原神社8

兵主部

以前はここにありましたが、現在は七番社の松原河童社で奉斎しています。

松原神社9

白磁の灯籠

白磁の燈籠は、龍が巻き付き、鶴が舞い、火袋には三日月と雲が描かれ、燈籠全体にも細やかな模様が描かれています。まさに花鳥風月が優雅に描かれた燈籠です。
松原神社には、白磁の燈籠と白磁の鳥居がありますが、どちらも藩政時代に、有田皿山の陶工たちによって奉納されてものです。
燈籠の基礎台には、嘉永3年(1850年)8月、有田内皿山中と記されています。このように大きな燈籠を焼いたのはどれくらい大きな窯だったのでしょうか。

松原神社10

白磁の燈籠

鍋島直茂公(日峰公 佐嘉藩祖)文禄慶長の役の際、朝鮮に出兵。
慶長2年(1597年)帰朝に伴い「日本の宝として焼物上手頭六、七人連れられ候」と古書にありますが、李三平氏を一団とする陶工たちが元和2年(1616年)有田泉山に陶石を発見、李朝と同じような磁器を焼成した。これが今日の有田焼の基礎をなすもので、「御神祖様 日峯公」とあがめ有田皿山中より御神前に奉納されたものである。
近年痛みがひどく平成16年8月(2004年)有田 岩尾磁器会社の手によって修理、保護のためにここに移した。(現地案内板より)

松原神社11

松原神社12

龍の表情が豊かです。

松原神社13

三日月と雲が描かれています。

松原神社14

鶴が舞っています。

松原神社15

白磁の鳥居

松原神社の白磁の鳥居は、有田皿山の陶工たちによって、嘉永3年(1850年)8月に奉納されたものです。

松原神社16

白磁の鳥居

鍋島直茂公(日峰公 佐嘉藩祖)
文禄慶長の役の際、朝鮮に出兵、慶長2年(1597年)帰朝に伴い、「日本の宝として焼物上手頭6,7人連れられ候」と古書にありますが、李参平氏を一団とする陶工たちが元和2年(1616年)有田泉山に陶石を発見、李朝と同じような磁器を焼成した。
これが今日の有田焼の基礎をなすもので「御神祖様日峰公」とあがめ先の方々の手により御神前に奉納されたものである。
最近地盤の変化により損傷がひどく、平成17年5月(2005年)有田、岩尾磁器会社の手により修理、保護のため、補強工作を施したものである。
明治23年庚寅10月吉日有田町、新村、大山村、二里村  製造 岩尾久吉 角物細工人 鐘ヶ江長作 丸物細工人 峰熊一(現地案内板より)

松原神社17

白磁の鳥居

松原神社18

白磁の鳥居

松原神社19

白磁の鳥居の扁額

松原神社20

白磁の鳥居

西松浦郡有田町と記されています。

松原神社21

朱い燈籠

松原神社の境内に朱塗りの大きな燈籠がありました。松原神社には、白磁の灯籠や他にも石燈籠もあります。

松原神社22

朱い燈籠

松原神社23

石燈籠

松原神社24

松原神社の大楠

所在地:佐賀県佐賀市松原2-10-43
樹齢:約620年以上
高さ:18m
佐賀市の松原神社の境内には樹齢600年以上という大きな楠があり、御神木でもあります。地上3m付近から三つに幹が分かれていて枝葉を雄大に広げています。松原神社の境内には数本の楠がありますが、この松原の大楠が一番大きく、正に聳え立つという表現がぴったりです。幹はどっしりとしていて、枝葉が大きく高く広がっていて、大変存在感がある楠です。

松原神社25

松原の大楠

この楠の古木は佐賀県の銘木古木に指定されていて、樹齢凡そ620年と云われています。このほど佐賀市より保存樹としての指定もなされました。
また、この地域は街中の景観としても大変美しく、都市景観賞を頂戴した景勝地です。
大楠の古木の美しさと600年を超える長寿から開運長寿・身体健全の御利益を戴こうと手を合わせる人が絶えません。(現地案内板より)

松原神社26

松原神社の太鼓橋(石橋)

松原神社の前を流れる松原川に掛かっています。

松原神社27

松原神社の石橋


佐賀一覧

  佐賀  唐津  武雄・嬉野  有田・伊万里
  鳥栖・三養基郡   多久・神崎  えびす